UTSUWA

児玉美重さんの竹かご

5/13より初の展開です。昨年、初夏。大分・杵築市に構える古民家を改装した竹工房東雲に伺い、たくさんのお話を聞かせていただきました。竹作家としての仕事は編んで組み上げるだけじゃないんです。制作の大半を要するのがひご作り。ベース作りの地味な作業…

白線刻マグカップ

BLOOM&BRANCHのオリジナルマグを発売します。1.コーヒーをたっぷりと注げること 2.和と洋の中間的な立ち位置であること 3.男性的でも女性的でもあること。そんなことを考えながら作り手としてお願いしたのが佐賀の磁器作家・照井壮さんでした。色々と案を出…

三笘修 うつわ入荷 16.12.10

大分・日田市で活動する三笘修さん。切れのある優美な形、土地の恵みを生かした釉薬。一言で表すと“静かなうつわ”です。個人的にも愛用させてもらっているものが多く店に並ぶと思うと嬉しい。少量にはなりますが、12/10(土)にお披露目です。2/4(土)からは漆…

山田雅子 うつわ入荷 16.9.29

PORTER CLASSIC別注、初日からすごい勢いでした。有り難うございました。さて、次はいつも瞬殺のこちら。札幌より、山田雅子さんのうつわの納品がありました。当初は春に発売予定でしたが焼成でトラブル続き、ようやくの展開です。今回は「朝食」をテーマに…

松原竜馬さんのスリップ長方皿/カップ&ソーサー

スリップウェアを主に開催した松原竜馬さんの個展。特注制作いただいた長方皿、カップ&ソーサーが昨日、WEB SHOPに入荷しました。6月に大分の工房にもお邪魔し、この目で作風風景も見てきました。まとまった数を作っていただきましたが、既に在庫薄。次回納…

氷舎mamatoko

COBI COFFEEで2シーズン目を迎える“かき氷”。昨年同様に味やクオリティは自信を持ってお届けしていますが、昨今のかき氷ブーム、Instagram、色々なものが重なって今年一気に盛り上がりを見せています。写真は去年の夏に特注でリリースした石川のガラス作家・…

TOKYO MADE

企画展<TOKYO MADE>がスタートしました。好きで好きでどうしようもなく作ったもの。自分にはこれしか作り得ないというもの。世界有数の流行の発信地であり、最先端技術が次々に生まれ続ける"東京”にも、そんな作り手の想いが宿り熱量を帯びたプロダクトが…

我が家の竜馬さん

我が家の竜馬さんのスリップ。色ものを作り始めた比較的初期の頃の作品だと思います。見ているだけで本当に心が落ち着くものです。個人的にスリップは食のうつわとしてでなく、大ものを空間に馴染ませるのが好みです。そしてひとつ告知。少し先になりますが…

長岡出張

木工作家さんに会いに日帰りで新潟・長岡に。まず、昨年3月に建てたという家に通していただいた。キッチンや扉など家の中はほとんど自分で作るんだそう。薪ストーブや家具のセレクト、雪の積もった庭を見れば池には噴水と、もう理想の塊。工房も見せていただ…

松原竜馬さんのスリップウェア

常滑で粉引のみを長く作り続けてきた松原竜馬さん。僕が彼の器を初めて手にしたのは、2年程前から独学で作り始めたと言うスリップウェアだった。それまでのスリップのイメージと言えば“民藝色が強くおおらかな器”だったが、彼のスリップは全く別のものだった…

<濱田窯>のビアマグ

選ぶものが全く違って、毎度おもしろいページ。フイナムのShopping Addict。編集長小牟田さんに濱田窯のビアマグを紹介していただきました。有り難うございます。簡単に説明すると、柳宗悦と共に民藝運動の中心にいた濱田庄司。人間国宝にもなった彼がデザイ…

ミーシル

1周廻ってエアロプレスに戻ってきた。豆の個性と旨味がずどんと出てきて、良い豆で淹れれば美味い。手に入れたばかりのマグは北窯の與那原正守さん。親方の器はペルシャンブルーしか持っていなかったからなんか新鮮だ。釉薬はさとうきびの灰が原料のミーシ…

山田雅子さん

北海道で粉引・鎬の器を作り続ける山田雅子さん。入荷のたびに反響が大きくなり、あっと言う間に店頭から消えていきます。8ヶ月ぶりの入荷は、全15型。COBI COFFEEで使用している特注の<カップ&ソーサ>を、今回初めて商品化してもらいました。もちろんBLOO…

工房十鶴のコーヒー豆シリーズ

2年前、買付けで沖縄を廻った際に知り合った工房十鶴の柄溝康助さん、聖子さん。工房を見させてもらって、面食らった。こんな面白い人がいるんだと。皿全面に大きく描かれたユニークな鶏や牛の顔。裏から出て来たのがこのコーヒー豆柄のチューカー(急須)で…

西山芳浩の仕事

7/20(土)からスタートした金沢・西山芳浩さんの企画展。連日とても好評いただいています。宙吹き、型吹きを用いるガラス作家。西山さんと話していて感じるのが、尽きることのないガラス作りへの愛情、研究熱心さ。今回並んだ50種類の作品を見てもらうと、自…

眞弓亮司さんの呉須

冬にオーダーしていた熊本・眞弓亮司さんのうつわが今朝、到着した。彼の出す呉須色は青と緑と漆黒を行き来するような、深海のようでプラネタリウムのような何とも言えない奥深さがある。象嵌の透明釉など含めて、明日から12型の展開。強く主張しすぎること…

やちむん市

ようやく納品作業が終わりました。明日より1週間、やちむん市が開催です。今回は人気の北窯から新鋭作家まで、また琉球ガラスも含め700点以上が一挙に並びます。抱瓶や切立甕、蚊取り線香立てなどこの期間だけのやちむんも多数。また沖縄由来の調味料、ジャ…

九州の陶磁展

駆け込みで行ってきました。駒場の日本民藝館で行われている特別展「九州の陶磁展」。明日までです。そして17日からは「濱田庄司展」のようですね。まだ益子参考館に行かれてない方は、良い機会かと。 BLOOM&BRANCHでは庄司氏が開窯した浜田窯の器も展開し…

いただきもの

宮城正亨のチューカーと松田共司のミルクピッチャー。共に読谷村・北窯のものですが、偶然にも別々の方からの頂きもの。独特の力強さと温かみのあるやちむんの魅力にどっぷり浸かっています。オープンする店でも真夏に仕込んでいた器が並ぶ予定。作家さんと…

益子へ

連休を利用して栃木・益子へ。当然、目当ては焼物。民藝運動の立役者であり益子焼を広めた濱田庄司氏。自身の作品と収集した品々が展示される参考館は、工房や登り窯もあり見応え満点。その他、多数の藍甕が埋め込まれた日下田藍染工房、骨董屋モダンロフト…